国内No.1の宿泊予約サイト「楽天トラベル」
2ヶ月後には5万円を稼ぐ!アフィリエイトノウハウ完全版!

東京六大学野球@東京六大学野球応援席

東京六大学野球@東京六大学野球応援席
日本に野球を定着させるのに大いに貢献した東京六大学野球! 一時は全国的にファンを拡大したと聞く。そんな東京六大学野球を応援しよう!




東京大学の校歌・応援歌

東大応援歌「ライトブルーの」!

東大の応援歌「ライトブルーの」ができたのは昭和27年です。

東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。


東京大学では、毎年のように応援歌の公募がされていましたが、
この歌は昭和27年(1952年)の当選歌です。

昭和23年以来の当選歌になります。


  『淡青の空(ライトブルーの)』

     小佐田哲雄 作詞(工27進)

     堀越  叡 作曲(教養27入)

   「1. ライトブルーの 天高く〜」と始まります。
      
   「2. 澎湃(ほうはい)寄する 大波に〜」と歌います。


    2番の「澎湃(ほうはい)」、さすが東大生難しい言葉を
使いますね。

意味は、(1)水が激しく逆巻くさま。
      「―たる怒濤が崩れ落ちて/風(潤一郎)」
    (2)物事が勢いよく起こるさま。
      「新風が―として起こる」
  
     と、いうことです。

もう一つ、「玄地(げんち)」がわからない。
意味としては、「はるかな地」「奥深い土地」ですが、もう一つ
ピンときません。どういう意味でしょう?

 とにかく歌ってみましょう。  →MP3
                →Real Audio
  
  こちらもお願いします

同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ

トップページに戻る.

東京大学の校歌・応援歌

東京大学応援歌ーその3、たたかいの野に


東京六大学野球を応援しよう!の野球侍です。

東大は昭和27年から、23年から止まっていた応援歌募集を毎年
やっていたんですね。初めて知りました。

この応援歌は、昭和39年度の入選歌だったんです。
「たたかいの野に」この「たたかいの野」はどこでしょう。
当然神宮球場ですね。

神宮球場をイメージして作られた歌です。
この昭和39年度は27編の応募があったそうです。
それを応援部、音楽関係などを中心に二十名以上の選考委員によって
入選作が決定されました。

さぁ歌いましょう。
「たたかいの野に」

曲はコチラから   → MP3
コチラも → 「たたかいの野に」

    「たたかいの野に」

         山本 信昭 作詞(理T38入)
 
         瓜生田和孝 作曲(法38進)

    「1. たたかいの野に 肩をくみ〜」からはじまります。
    

  こちらもお願いします

同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ.

東京大学の校歌・応援歌

東大の応援歌ー2 第一応援歌「闘魂は」!

東京六大学野球を応援しよう!の野球侍です。

東大の第一応援歌「闘魂は」の紹介です。
この歌は昭和35年(1960年)の募集に入選した作品です。

作詞者も、作曲者も東大生でした。

この歌に思い入れのある人たちによるサイトがありました。

   東大第一応援歌「闘魂は」の世界です。

メロディは、東大運動会応援部のHPで聞くことができます。

では歌いましょう!

     「闘魂は」

        阿部毅一郎 作詞(文T34入)
        山中 一由 作曲(工機械34進)

   「 1. 闘魂は 今ぞ極まる〜」ではじまる応援歌です。

  こちらもお願いします

同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへなし

東京大学の校歌・応援歌

東大応援歌、ただひとつ!

東京六大学野球を応援しよう!の野球侍です。


東京大学応援歌『ただひとつ』の紹介です。

この歌は、昭和22年(1947年)応募による入選作だった。


学生歌の募集をした学生歌選定委員会は、総長が会長。

東大に関係する大学職員、東大OB、学生によって構成されていた。



「ただひとつ」


   大森 幸男 作詞(法19入)


   山口 琢磨 作曲(工21卒)


「1. ただ一つ 旗かげ高し」ではじまります。

   
  
   MP3で聞かれます


    Real Playerはこちらです

  こちらもお願いします

同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ

トップページに戻る.

東京大学の校歌・応援歌

東大の学生歌「暁の」!

東京六大学野球を応援しよう!の野球侍です。


各大学で歌われる学生歌、応援歌について考察しよう!


最初は、東大の学生歌「暁の」である。

昭和21年、当時の南原総長の提案で、学生、OB、教職員から

学生歌を募集した。


しかし、選考の結果は、優秀作については該当作なしとなった。

結局、第一位入選作の「暁を」を学生歌とすることになり、明治22年

の五月祭で盛大に発表された。


午後1時、25番教室で新学生歌の発表と応援部設立の報告会が始まった。

最後に新・学生歌「暁の野辺に立ちいて」を中澤のリードのもと

出席者全員で声高らかに合唱した。


これまで、神宮ではエール交換は、東大側はなく、他校の一方的なエール

交換であったが、以後エール交換が東大でも行われるようになった。


こうして、東京大学運動会応援部が正式に発足したのであった。




  こちらもお願いします
人気blogランキングへなし

東京大学の校歌・応援歌

東京大学の校歌はどれ?

東京六大学野球を応援しよう!の野球侍です。

東大には、応援歌、学生歌はあったが、正式に「校歌」と言うものが無い。

有名なのは、昭和7年に作られた「運動会歌」、これは出だしの「大空と」

で知られている。


2004年、校歌制定検討委員会が、9月この「大空と」を校歌として

格上げすると公表したが、在校生や教職員、卒業生からさまざまな意見が

出され、10月校歌はひとつに定めず、「大空と」と「ただ一つ」は

東大の歌として並列に位置づけることで決着した。


ただ、そのとき新しい歌を募集し、東大の歌、3曲態にするということで

あったが、その後の成り行きは把握していない。

「大空と」の歌詞は、続きをどうぞ。

トップページに戻る

  こちらもお願いします
人気blogランキングへ.
 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。