国内No.1の宿泊予約サイト「楽天トラベル」
2ヶ月後には5万円を稼ぐ!アフィリエイトノウハウ完全版!

東京六大学野球@東京六大学野球応援席

東京六大学野球@東京六大学野球応援席
日本に野球を定着させるのに大いに貢献した東京六大学野球! 一時は全国的にファンを拡大したと聞く。そんな東京六大学野球を応援しよう!




東京六大学 チアリーダーについて

チア・リーディングージャンプ3

チア・リーディング、ジャンプ、その2です。

東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。

ジャンプの種類、その3です。

[サイドハードラー]

 ハードル競走でハードルを飛び越えるようなジャンプです。


 同じようなジャンプに[フロントハードラー]があります。

 片方の足を前に伸ばし、両手で掴むようにし、後ろ足は少し曲げて

 ジャンプします。


[トゥタッチジャンプ]

飛び上がって開いた足の先をそれぞれの手で掴むような形でたたく

ジャンプです。


[ユニバーサルジャンプ]

トゥタッチジャンプよりもさらに強く跳び上がり、足を左右に大きく

広げ、強く身体を折り畳み、腕を垂直下方に伸ばす形のジャンプです。


[パイク]

 出来るだけ高く跳び上がり、一気に身体を折りたたみます。

 足をそろえてその足に両手を伸ばして足首に添えるようにする

 ジャンプです。

[バナナジャンプ]

 腕はしっかりと振上げて強く跳び上がり、空中でバナナのように

 両手両足をそれぞれ合わせて全身を反らせます。

[バンビジャンプ]

名前の通りに、鹿が跳躍するときの脚の形をまねています。

 腕はしっかりと振上げて、強く跳び上がったら、片膝を曲げ、

 前方に引き上げます。

 後ろ足はまっすぐ伸ばします。

 三段跳びの最後のジャンプのような格好です。


このようにいろいろなジャンプがあります。

チア・リーディングの会場で、「あぁ、これがあのジャンプだな」と

思い出しながら楽しんでください。



  こちらもお願いします

同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ


トップページに戻る

東京六大学 チアリーダーについて

チア・リーディングージャンプその2

チア・リーディングの演技、ジャンプについてです。

東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。

ジャンプについて色々調べてみましたよ。


チア・リーディングの演技の中でもジャンプは特徴のあるもので

元気さと明るさ、はつらつさを表します。


ジャンプにはいくつかの種類があります。

[アプローチジャンプ]

次のジャンプへの導入となるジャンプです。

 腕を真横に上げ、Tの字に身体をまっすぐに垂直に飛び上がります。


[タックジャンプ]

 両手を挙げてひざが胸につくようにジャンプする方法です。


[ストラドルジャンプ]

 ストラドルとは両脚を広げるという意味です。

 しっかりと跳び上がり脚を広げます。

 脚を広げる時にただ開くのではなく、つま先までしっかりと伸ばして

 脚を「ピンッ」と張ります。

 腕はまっすぐ上に伸ばす。


まだまだあります。それは次回で。



  こちらもお願いします

同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ


トップページに戻る

東京六大学 チアリーダーについて

チア・リーディング、ジャンプ?

ジャンプもチア・リーディングの目玉です!

東京六大学野球を応援しよう!の野球侍です。


飛んだりはねたりという感じのチア・リーディングですが、ジャンプ

はチア・リーディングを象徴しています。


【ジャンプ】

ジャンプといっても、チア・リーディングのジャンプは 両足を

広げて飛ぶという特徴がありますね。

演技を盛り上げるためには必要不可欠の動作です。

楽しさを表現するスキルとして演技に最も多く取り入れられて

いるようです。

簡単なアプローチジャンプから始まり、

タックジャンプ:膝を胸のほうへ抱え込むジャンプ

→ストラドルジャンプ:逆Y字のような形のジャンプ

→サイドハードラー→

トゥータッチジャンプ:膝を上に向けて足を開き、手を水平の

           高さに上げます。


などすすんで演技します。

他にフロントハードラー、ユニバーサルジャンプ、パイク、

アラウンドザワールドなどがあるそうですがどれがどれとは

残念ながらいえません。


ジャンプの種類を調べて報告します。



  こちらもお願いします

同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ


トップページに戻る

東京六大学 チアリーダーについて

チアの道具2

チアの道具を簡単にもう一度ご紹介します。

東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。

チアリーダーの道具を簡単に説明します。

[ユニホーム]

   デザインは、見ている人、演技をする本人も元気になれる
 
   ようなデザインが要求されます。

   どこのチームも有名になるとユニホームを見ただけでチーム名が

   分かるように期待しているようです。


[サインボード]

   会場の観衆が、見るだけでなく参加できるように声を出して

   もらうためのボードです。

   観衆はこのボードに書かれた言葉を叫んで参加するわけです。

   「GO、FIGHT、WIN!」とか、チーム名、チームカラーなどが

   書いてありますので、ボードがでたら恥ずかしがらずに叫び

   ましょう。


[メガホン]

    サインボードと同様に使われます。

[ポンポン]

    これはよく分かりますね。チアのシンボルのようなものです。

    演技が華やかになります。

    ダンス・チアでよく使われます。

[シューズ]

    チア専用のシューズがあります。

    クッション性が高く、履き心地のよいものになっています。

    手で持ちやすいようにもなっていますよ。



  こちらもお願いします

同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ


トップページに戻る

東京六大学 チアリーダーについて

チア・リーディングの魅力、スタンツ?

チア・リーディングの魅力、それはスタンツ!

東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。


チア・リーディングの技、演技の続きで、今回はスタンツです。



 【スタンツ(stunts)】

スタンツとは、簡単に言えば「人間ピラミット」のことです。


昔の小学校も、中学校も運動会でありました。そんな種目が。

何段かに組んで最後に、1、2、3、グシャってやつ。

真剣に一生懸命でした。

必ず下の役割のものは、上に居る奴のことを思って、落ちるなよ、

うまくやれよと、上に居るものは土台になってる下の者を思って、

もう少し我慢してくれよと。


運動会でも、優劣を競わない皆でがんばる種目でした。皆が一致

団結しなければ出来ないものでした。


最近は、バカな母親のために、この種目をやる学校が少ないそう

です。ケガをするからって、情けないですね。

こんなことから思いやりの無い人間が育ってるんじゃないかと思

います。

こんなことから、いじめなどの芽も芽生えたんじゃないかと思い

ます。

怪我くらいいいじゃないか。自殺されることに比べれば。

(ちょっといいすぎかな・・・ぶつぶつぶつ)



チア・リーディングのスタンツはその役割で呼び名も変わります。

ベース・・・・一番下で、地上でトップを支える人をいいます。

トップ・・・・ベースに支えられて、地上より高い位置で動作を

       行う人です。

スポッター・・トップを補助し、安全を守る役割の人です。


まずスタンツの基本は、2人以上で行う組体操のようなもので、

中でも2〜4人で行うものをパートナースタンツと呼びます。


ピラミッドは、パートナースタンツがいくつも組み合わさって

できるもの。パートナースタンツを組み合わせたもの。

この組み合せは、人数のことなど考え、色々な形が工夫されて

います。

どちらにしても、多人数の共同作業であるために、協調性・

信頼性が問われ、団結力・力強さが表現されて迫力あるものに

なります。

トップが空中に飛び上がるスタンツはバスケットトスとよばれ

ます。


スタンツは真剣に気が合わないとケガをするようなことになり

ます。

みんなの心が一つになってはじめて、見事な演技になるんですね。



  こちらもお願いします

同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ


トップページに戻る

東京六大学 チアリーダーについて

チア・リーディング、ダンス?タンブリング?

チア・リーディングのダンス?タンブリングって?

東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。


チア・リーディングの演技紹介、その二回目です。


あなたもチア・リーディングの大会などを見るときに参考にして

くださいね。


ダンス

 これは分かりますよね。

 曲に合わせて踊ることです。

 団体で見せることにより、華やかさ・力強さを表現します。

 モーションをそろえる、つまりてきぱきと動くことを意識する

 わけです。

 高さの変化、時間差を利用することによって視覚的にも興味を

 生み出し、演技を飽きさせない構成になっています。



タンブリング

 一般的に機械体操の床運動のことです。

 チアリーディングでは大勢でタイミングを合わせたり、さま

 ざまな方向から連続技を行ない、演技に躍動感を与えます。

 全体の力強さ、切れの良さ等のスピィーディーな動きの中での

 全員の動きの正確さが要求されます。

 楽しさ、連帯感を音楽のリズムに合わせて体いっぱいに表現

 しなければいけないわけです。


これだけの演技を想像するだけで彼女たちのてきぱきとした

動きが見えるような気がしませんか。


あの人がうまいとか、いいキレしている、なんて分かるような

気がします。


 楽しんで見ましょう。


  
 ということで、こちらもお願いします

同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ


トップページに戻る

東京六大学 チアリーダーについて

チア・リーディングの演技、アピール?モーション?

チア・リーディングの演技について覚えよう!


東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。


チア・リーディングの演技の種類についてよく分からないので調べて

みました。その一回です。


チア・リーディングとは、本来は応援・応援指揮をするチームの事で、

チアリーダーが行なうアクションの事をチアリーディングと呼んで

いたようですが、現在では、チアリーダーが行なう応援演技から派生

したスポーツ競技を「チアリーディング」と呼ぶようになったよう

です。

競技主旨としては、「このスポーツを通して、相手を思いやる心と

強い精神力、心の豊かさを学び、心身(心と体)の育成を目指す」

だそうです。


 ・チア・リーディングの演技の一つ【アピール】とは?

  応援が主体で始まった競技ですから、観客の一人一人が元気に

  なるためにチアリーダー達が体全身を使って、自分達の演技や

  会場を盛り上げるもの、それが【アピール】です。

 
 ・【モーション】

  簡単に言えば、てきぱきした動きのことです。

  主に両腕による、キレの良いシャープな動作でチアリーディ

  ングの基本となる動きで、元気さと、力強さを表現します。


   <アームモーション>

   特に、両腕で行う、切れの良いシャープな動作をいいます。

   モーションからモーションへの動作をできる限りシャープに

   そして、リズミカルに行なことが要求されます。

   こぶしの握り方や、こぶしの向きも全てきまりがあって、

   それを守りながら演技しなければいけません。

これらは、基本中の基本です。でもこれが審査の対象になるん

ですよ。
 

   この続きは次回です。 


  こちらもお願いします

同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ


トップページに戻る

東京六大学 チアリーダーについて

チア・リーディング競技


東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。


チア・リーディングは「競技チア・リーディング」と「応援チア

・リーディング」とがあります。


競技チア・リーディング】:チアリーダーの持つ笑顔、明るさ、

華麗さとチアリーディングの専門技術の連続性を競い合う競技と

よばれるものです。


【応援チア】:野球やアメフト、バスケットなどの試合において、

観客に向い、掛け声の音頭をとり、観客が一丸となって応援できる

ようにリードする、という役割りをするものです。


今回はこのうちの【競技チア・リーディング】についてです。


競技チアリーディングは、チアリーダーの笑顔、明るさ、華麗さに

加えて、ジャンプ、タンブリング、パートナースタンツ・ピラミ

ッド、チア・サイドライン、ダンスなどの演技をを行い、一定の

基準(同時性とか難易度とか)によって審査されるものです。



ルールもしっかり決まっています。

【演技人数】

1チームにつき8名以上16名以内。

男女の人数は問わない。

(エキシビジョンであれば何人であっても出場可能)

[注]2000年度からは4人で行うスタンツ部門というものが

  新たにできています。



【演技マット】

  演技は12m×12mのマット上で行う。

  *競技者が少しでも出てしまうと減点になる。



【演技時間】

  演技開始から終了まで2分20秒以上2分30秒以内。

  このうち音楽使用時間は合計で1分30秒以内。後は

  声で補う。



【演技構成】

  音楽を使用する部分と、使用しない部分を組み合わせて演技

  を行なう。

  チア・サイドラインは1種類以上使用。全員でそれぞれ4モ

  ーション行なう。

[注]専門用語はこちらで分かります。

  

【その他のルール】

  ピラミッドの高さは2段半までにすること。

  つまり人を2人分の高さと半分以上になってはいけない。

  半分とは体半分のこと。腕や腿、肩などにのせて高さを

  調節する。



これら定められた規定の中で各チーム工夫を凝らした構成で、高い

視覚的効果と観客を飽きさせない演技の展開で見せてくれます。

規定に関しては変更されつつあるようです。



2分30秒の演技を行った時の運動量は、「800メートル全力疾走」

とほぼ同じだそうです。かなりの運動量ですね。




  こちらもお願いします

同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ


トップページに戻る

東京六大学 チアリーダーについて

チア・リーダーって何?


東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。



チア・リーダーの生い立ちについては、チア・リーダーの歴史で

お分かりと思いますが、では元に戻って、じゃ、

チア・リーダーって何?」

今回はこの「チア・リーダーって何?」がテーマです。


チア・リーダーの演技を見たことがありますか。

軽やかに、チームが一体となっての演技は素晴らしいですよ。


まず辞書で見ると、「Cheer」は「励まし」「喝采」「元気」また

「元気付ける、を励ます、応援する」という意味があります。

その行為を行うすべての人々、とくに試合の応援をリードする

人たちをを"CHEERLEADER"と呼んでいるようです。


発祥はアメリカで約100年位前にアメリカでスポーツの応援として

生まれ、現在ではテクニック・チームワークを笑顔とともに競う

競技となっています。


一度慶應の日吉グラウンドで練習を見たことがありますが、

かなりハードな練習でした。体力とともに技術も必要とする

結構大変なスポーツと思いました。

華やかさだけが目に付きやすいですが、その裏には日ごろの

努力が必要なんだなとしみじみ思いました。


あなたも華やかなチア・リーディングの演技が、苦しい練習の

賜物だということを忘れないで見てあげてください。


各大学の定期演奏会が開かれるシーズンです。

チア・リーダーも出演すると思いますから、彼女たちの演技、

楽しんでください。



  こちらもお願いします

同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ


トップページに戻る

東京六大学 チアリーダーについて

チア・リーダーの歴史ー戦後編


東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。


チア・リーダーの歴史、戦後編です。


まず、チア・リーダーの歴史、戦後は、1948年にサム・ヒュースト

ン大学に最初のチアリーディング組織NCAが設立され活躍を始め

たことから始まりました。


1950年代には、現在のチアリーディングに繋がる多くの技が開発さ

れ、ボルチィモアでは最初の専門のチア・リーダーが組織され活動

を始めました。


1960年に、現在の小道具でも最大のポンポンが認識され、ポンポンを

使った演技が多くなりました。


1970年代にはいると、伝統のあるフットボール、バスケットボールの

チームにチア・リーダーが付随するようになり、チア・リーダーの人気が

急上昇しました。


フットボール、バスケットボールだけでなく、多くのスポーツ競技

大会においてチアリーダーたちは活躍し、学校を代表する応援を全

てにわたって引き受けるようになりました。


1976年にはスーパーボールでダラスカーボーイ・チアリーダーが

大活躍をして、チア・リーダーの発展した形を示し支持されました。


このころ高校と大学において、チア・リーディングの大会が始まり

ました。


初めて大学のチア・リーディング大会がCBSで全国放送されたのは

1978年でした。


1979年には全国で統一された安全規定が定められ、危険性のある

高度なピラミッドやタンブリングの一部が排除されました。


1980年代にはいると、チアリーディングが一種の競技として認識

され始め、普遍的なルールの確立が行われました。

ジュニア・シニアハイスクールの大会も全米で開催され、演技力を

競い合う男女混成の競技スポーツとして瞬く間に全米に広がって

いきました。



現在では、各国において多くのチア・リーダーが組織され、スポ

ーツの一種として確立されています。


東京六大学野球の発展と同時に、バトン・トワラーからチア・リー

ダーに変革していった経緯は、東京六大学・チア・リーダー部

参照してください。



日本全体としては、80年代後半に日本協会が設立され、体力と

運動能力を必要とするスポーツとして認知されるようになり、

発展を続けています。


チア・リーダーの歴史、いかがでしたか。

チア・リーディングについては次回で。



  こちらもお願いします

同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ


トップページに戻る

東京六大学 チアリーダーについて

チア・リーダーの歴史


東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。

チア・リーダーの歴史について調べてみました。

あなたがチア・リーディングを見るための参考になればと思います。


まず、発祥の地はアメリカですが、その発端となったのには諸説

あるようです。


ある説は、[チアリーディングクラブの最初は1870年代にプリンストン

大学で設立されました、というのが一番古い説です。プリンストン

大学のフットボールの試合で応援をリードするために6人がサイド

ラインに集められ応援した。1884年には、ミネソタ大学でもスタート

し、1898年にはジャンプをともなった応援が始まった]というもの

です。



ほかでは、[1898年11月2日 ジョニーキャンベルという一人の男が

観客の前に飛び出し、応援しだしたのが始まり]というもので、

彼は、母校のアメリカンフットボールチームを応援するのにじっと

座っていられず、メガホンを使って応援した、ということです。



どちらにしても、男性がスタートさせたというのは一致しています。


女性が活躍し始めたのは1920年代で、たちまち女性がチアリーダー

の中心となっていきました。

特にミネソタ大学では本格的なスタンツのチームが結成され、応援に

訪れた人々を楽しませということです。


1930年代に大学・高校のチアリーディングチームに紙製のポンポンが

使用され次第に普及していったということです。


1940年代の初め 戦争が始まると、男性は戦地に赴き、少なくなり、

当然多くの女性がチアリーダーの中心となって活躍することになった

わけです。


戦争が終わる頃には、新たな技にひねりや回転が加わり、現在のチア・

リーディングの基礎が確立され始めたのです。



これが戦後に花開くわけですね。

チア・リーダーの歴史、戦後編は次の機会に。



  こちらもお願いします

同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ


トップページに戻る
 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。