国内No.1の宿泊予約サイト「楽天トラベル」
2ヶ月後には5万円を稼ぐ!アフィリエイトノウハウ完全版!

東京六大学野球@東京六大学野球応援席

東京六大学野球@東京六大学野球応援席
日本に野球を定着させるのに大いに貢献した東京六大学野球! 一時は全国的にファンを拡大したと聞く。そんな東京六大学野球を応援しよう!




東京六大学野球 2007年春季リーグ戦

斉藤佑樹投手、史上初春季ベストナイン!

 東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。

東京六大学野球2007年春季リーグ戦も早稲田大学の優勝で終りましたが、今季のベスト・ナインが選ばれました。
注目の早稲田大学斉藤投手も春季のベストナインで史上初となる1年生での選出でした。

   「佑ちゃん、ベストナインに選出 春季に1年生投手は初

選出されたベスト・ナインです。             (満票:29票) 
守備氏名大学出身高校回数投票数
投 手斎藤 佑樹早大1年早稲田実 初26票
捕 手細山田 武史早大3年鹿児島城西 初満 票
一塁手大澤 裕介法大4年作新学院 初13票
二塁手上本 博紀早大3年広 陵3回目28票
三塁手和泉 将太法大2年横 浜 初15票
遊撃手本田 将章早大4年智弁和歌山 初22票
外野手田中 幸長早大4年宇和島東3回目満 票
外野手松本 啓二朗早大3年千葉経大付2回目20票
外野手佐藤 翔慶大4年秋 田2回目17票

今季の順位表です。順位表
順位大学試合勝点勝率
 1早大1110105.909
 2明大108204.800
 3慶大117403.636
 4法大114612.400
 5立大102801.200
 6東大1101010.000

優勝の早稲田大学の優勝パレードは盛り上がったようです。
   「ちょうちん王子」?佑ちゃん見た〜い!早大Vパレードに6000人殺到

関係大学の皆さん、お疲れ様でした。
また、秋のリーグ戦を楽しみましょう。

  こちらもお願いします。
        同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ
              トップページに戻る.

東京六大学野球 2007年春季リーグ戦

早慶戦最終戦は早大が勝って勝点5!

  東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。

東京六大学野球2007年春季リーグ戦が終了しました。
最後を飾る早慶戦の第3戦は、早稲田の優勝も決まっており、観衆も8,000人でしたが、早慶戦らしい応援が繰り広げられました。

先発は、慶大が昨日打たれた中林、早大は松下が登板。
試合は、2回裏の早大、ヒットと2四球の満塁で泉のショートゴロの間にまず1点。
2死1、3塁からヒットが2本続いて2点。2死2、3塁でで田中行長がレフト左に痛烈なヒットで2点。
この回、5点をあげ序盤で早大が有利に試合をすすめた。

その後、慶大も1点を上げて8回裏を終って7対1で早大のリード。
9回表、ようやく慶大の佐藤翔がレフトスタンドにソロ・ホームランを叩きこんだ。
これが昨日出ていれば、悔やまれるところです。

結局、7対2で早稲田大学が勝ち、勝点5としました。
これで早大は全対戦校から勝点を上げました。

今季の早稲田は、投打にバランスが取れていいチームになっていました。やはり、斉藤が入ったことが大きいですね。
早大ナインの信頼を勝ち取って投手陣の一つの柱となりました。昨日の胴上げを受けたことは、その照明でしょう。
早稲田大学野球部、優勝おめでとうございました。

試合の結果です。
6月4日(月)慶大−早大2回戦早大2勝1敗 勝点5
第1試合試合時間:2時間23分観衆8,000人  

スコア
大学
慶大1
早大X

慶大.早大
敗戦投手:中林
村山、相澤
投手勝利投手:松下
辻、大前
高橋玄、捕手細山田、山縣
佐藤翔ソロ(9回)本塁打本田ソロ(8回)
難波二塁打上本

早大は、6月12日からの全日本大学野球大会があります。
東京ドームでがんばって欲しいものです。
全日本の応援もよろしくお願いいたします。

  こちらもお願いします。
      同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ
             トップページに戻る.

東京六大学野球 2007年春季リーグ戦

早稲田大学、優勝!

   東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。

東京六大学野球、2007年春季リーグ戦の最終週、早慶戦の2回戦です。
先発は慶應が2年生の中林投手、早稲田は注目の1年生・斉藤佑投手。

試合は1回表早大の攻撃で1番の上本がいきなり左中間に2塁打。この後死球とダブル・スチールで1点。
なお1死3塁でレフトへの犠牲フライで2点目。
3回の早大。3番の松本の適時打で1点を入れた後、ランナー1、2塁から原がレフトオーバーの3ランでこの回4点。
4回の早大、本田の二塁打の後、昨日好投した慶大の加藤から、2死3塁で細山田がレフトスタンドに2ランを放った。これで8対0。

6回の慶大は、5回まで好投の斉藤から内野安打、四球の無死1、2塁で宮田が左へ二塁打を放ち1点。
梶本の内野安打で2点目。高橋、死球で満塁。松橋の死球で3点目。7番川崎がスクイズを決めて4点目。
この回、慶大はようやく斉藤から4点を上げ、8対4とした。

7回から早大は、斉藤に代えてピッチャーは松下。
最終回の早稲田は、細山田の適時打で駄目押しとなる1点を上げた。
そして、最終回の慶大、2死から加藤の内野安打、青池のセンター前、ピッチャーの暴投でランナー2、3塁から
宮田が三遊間を破って1点。期待された梶本はショート・フライでゲーム・セット。 9対5。
9回は早大のエース、須田がなんとか抑えて優勝は早稲田に決まった。
  優勝のニュースです。
   「斎藤の力投で優勝掴んだ!早大9−5で慶大下す

昨日の早稲田、今日の慶應、最終回まで沸かした早慶戦は点差はあっても良い試合でした。

試合の結果です。

6月3日(日)早大−慶大2回戦慶大 1勝1敗
第1試合試合時間:2時間58分観衆36,000人  

スコア
大学
早大
慶大

早大.慶大
勝利投手:斉藤佑
松下、須田
投手敗戦投手:中林
加藤、
細山田捕手坂本、高橋玄、眞田 
原3ラン(3回)、細山田2ラン(4回)本塁打 
 三塁打 
上本2、本田、細山田 二塁打宮田、梶本

早慶戦は、もう1試合あります。
応援よろしくお願いします。

  こちらもお願いします。
        同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ
               トップページに戻る.

東京六大学野球 2007年春季リーグ戦

優勝決定戦の日程決まる!

  東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。

東京六大学野球、2007年春季リーグ戦の優勝決定戦の日程が決まりました。

  第1戦、6月5日 午後4時 明治大学 対 早稲田大学

  第2戦、6月6日 午後4時 明治大学 対 慶應義塾大学

  第3戦、6月7日 午後1時 早稲田大学 対 慶應義塾大学

楽しみですね。どの大学が優勝するでしょう。

といっても、6月3日(日)に慶大が早大に勝った場合だけです。
慶大が勝って何とか優勝に持ち込んで欲しい!

この記事が無駄にならないように、慶大の応援よろしくお願いします。

  こちらもお願いします。
       同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ
               トップページに戻る .

東京六大学野球 2007年春季リーグ戦

早慶戦、慶大が先勝!

  東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。

慶應義塾大学が、意地で早稲田を下し先勝しました。

注目の早慶戦です。この試合に早稲田が勝てば早大の優勝が決まってしまいます。
なんとかそれを阻みたいのが慶大です。
観衆は、今季最高の34,000人!

早大は人気の斉藤投手を第2戦にまわし、先発は須田投手。慶大は、当然加藤投手です。
試合は5回表、慶大が満塁から佐藤翔の死球で1点、続く青山が三遊間を破るヒットで2点目。
まだ満塁から松橋が右中間に3塁打を打って走者一掃、この回慶大は5点を上げました。

5回に再び満塁にしながら点の入らなかった慶大の6回、青池のレフトへのソロホームランで加点。
8回にはランナー2塁から再び青池がレフトに2塁打を放って7点目をあげました。

8回裏、慶應の投手は、今日7回まで被安打1の加藤投手から相澤投手に継投。明日の試合を考えての加藤の降板でしょう。

8回裏の早大攻撃で、ランナー2塁から、ライトに抜けそうな当たりを二塁手の森本がファインプレーで零点に抑えました。森本は9回にもファイン・プレーで勝利に貢献しています。
9回裏早大、1死2、3塁で小野塚のレフト前、相澤の暴投で2点。なお1死3塁で4番のキャプテン田中幸がセンター前ヒットで3点目。慶大は松尾投手がマウンドに上がった。
松尾も四球を出して1死満塁まで攻められましたが、何とか最後の打者を三振に打ち取ってゲームセット。
7対3で慶大が先勝しました。
試合の結果です。
6月2日(土)慶大-早大1回戦慶大 1勝 
第1試合試合時間:2時間48分観衆34,000人  

スコア
大学
慶大
早大3 

慶大.早大
勝利投手:加藤相澤、松尾投手敗戦投手:須田
松下、福井、大前
坂本、高橋玄捕手細山田、山縣
青池本塁打 
松橋三塁打 
松橋、梶本、青池二塁打生島

それにしても最終回の早稲田の攻撃はしぶとかった。
いらいらした早稲田の応援団もこれで少しは、納まったでしょう。
さもないと何をするか・・・。いえいえ、これはうそ。

とにかく、慶大はよくやりました。
明日は、斉藤投手を下して、明大、早大、慶大の3チームによるプレーオフに持ち込んで欲しい。
明日も楽しみましょう。

  こちらもお願いします。
      同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ
             トップページに戻る.

東京六大学野球 2007年春季リーグ戦

第7週は、立大と明大が勝点!

東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。
 
夏を思わせる快晴の中、神宮球場は東京六大学2007年、春季リーグ戦は第7週の2回戦です。
東京六大学も、麻疹で休講の大学が、早大、慶大、明大、法大と増えています。
そんな中で今日の第1試合は東大対立大です。
 
試合は、立大が2試合連続の二桁得点で東大に大勝、今季初勝ち点をあげました。
立大は1回、三好のセンター前の適時打などで4点を先制、5回にも4点、6回には五藤が2試合連続の3ランで試合が決まりました。
東大は投打に元気なく、1分を挟んで40連敗、19シーズン連続の最下位でした。
 
試合の結果です。
5月27日(日)立大−東大2回戦立大2勝 勝点1
第1試合試合時間:2時間27分観衆5,000人

大学
立大12
東大

立大.東大
勝利投手:松村投手敗戦投手:鈴木
東、岩本、峯尾捕手小林
五藤3ラン(6回)本塁打 
中山、五藤、渡辺二塁打揚場、前代
 
第2試合は、明大対法大です。

1回明大、エラーとデッドボール2つで2死満塁。藤田がレフト前タイムリーで1点。
なお2死満塁から謝敷が左中間を破る2塁打で走者一掃3点を追加。

この回の4点が結果的に勝敗を決定しました。
 
5回の明大、謝敷の適時打などで3点を追加。
でも、今日の法大は惜しかった。
小刻みに点を重ねて8回まで7対4でしたが、9回に2点を入れて7対6まで攻めて、なお2死1、2塁で嶋田が三振で終了しました。
それにしても、今日の法政はよくやったと思いました。残念!
 
試合の結果です。
5月27日(日)明大−法大2回戦明大2勝 勝点4
第1試合試合時間:2時間42分観衆5,000人

大学
明大
法大

明大.法大
勝利投手:久米投手敗戦投手:平野貴
田島捕手渡辺
小林雄三塁打伊藤暢
謝敷、田島二塁打 
 
さあ、来週は早慶戦です。
NHKでも中継します。6月2日、3日ですよ。
ぜひとも応援してください。
 
慶大が連勝すれば、早大、慶大、法大の3大学の優勝決定戦になります。
 さあ、どう応援しますか?
佑ちゃんが出るから決まっているって、そういわんと東京六大学野球の将来を考えて、応援よろしくです。
 
  こちらもお願いします。

        同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ
                 トップページに戻る

.

東京六大学野球 2007年春季リーグ戦

第7週は、明大、立大が先勝!

  東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。


麻疹騒動であちこちの大学が、休講する中、神宮球場では予定通り、東京六大学野球2007年春季リーグ戦の第7週、第1日目の試合が行われました。


第1試合は、法大対明大です。
先発は、明大が古川、法大が小松です。
試合は、1回裏明大が小道のライト前の適時打で1点。
明大は6回にも1点を上げて7回、田島のライト線へのタイムリーで1点、さらに法大の藤田に代わって満塁になり法大のピッチャーは二神に代わる。明大は、打者小道の時打撃妨害があって1点を追加。さらに満塁から4番の行田がレフトオーバー、フェンスに当る大きな二塁打で走者一掃、この回決定的な5点を上げて7対0としました。
一方、法大は、8回1死1、3塁から伊藤のセンター前のポテンヒットで1点。さらに明大の守備の乱れから1点をあげましたが、ときすでに遅きという感じで、結果7対3で明大が先勝しました。


試合の結果です。

5月26日(土)法大−明大1回戦明大 1勝
第1試合試合時間:2時間27分観衆6,000人

大学
法大
明大X

法大.明大
敗戦投手:小松投手勝利投手:古川
石川、上條捕手田島
 二塁打小林雄、行田
 
 
第2試合の東大対立大です。
試合は立大の打撃が爆発、立大の五藤の2本の2ランなど13長短打で大量11点を上げ、立大が11対0で東大を圧勝しました。
立大は、今季ようやく初勝利です。
 
試合の結果です。
5月26日(土)東大−立大1回戦立大  1勝
第2試合試合時間:2時間27分観衆5,000人

大学
東大
立大11


東大.立大
敗戦投手:三宅投手勝利投手:戸村
小林捕手東、峯尾
 本塁打五藤2ラン(1回)
五藤2ラン(6回)
岩間、秋末二塁打三好
 
明日も、応援よろしくお願いします。
ただし、はしかには充分注意してください。
  こちらもお願いします。

     同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ
             トップページに戻る

.

東京六大学野球 2007年春季リーグ戦

斉藤君、明大戦に勝利!早大勝点4!

     東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。
 
神宮球場に観客30,000人!
これが斉藤君だけでなく、実質的な優勝争いの早大対明大の試合によるものと思いたい。
今日の神宮はよく晴れました。
 
先発は予想通り、早大が斉藤佑樹投手、明大はこれまで4試合で2勝を上げ、防御率0.00の4年生古川祐樹投手(春日部共栄)。1年生対4年生の「ゆうき」対決でした。
 
試合は、3回に惜しい先制のチャンスを逃した早大が、6回に先制の1点を上げた後2死2、3塁から、斉藤と同じ1年生の原(桐蔭学園)が左中間にタイムリー2ベース。3点を上げました。
そして、8回には2死2、3塁から泉のセンターオーバーの2ベースで加点。5対0で試合を決定的にしました。
投げる方では、斉藤の後を福井、松下が抑え早大が完封で勝ち勝点4を上げて優勝戦線トップに踊り出ました。
 
さあ、これで早大は早慶戦を残すのみとなりましたね。
慶大も今日の試合で勝って早大に連勝すれば、優勝の可能性はまだ残っています。
今度の早慶戦は大変でしょうね。今日以上に盛り上がること、確実です。
 
今日の試合結果です。
5月20日(日)明大-早大2回戦早大2勝 勝点4
第2試合試合時間:2時間49分観衆30,000人

大学
早大
明大


早大.明大
勝利投手:斉藤佑投手敗戦投手:古川
細山田捕手田島、中野
本田、上本
小野塚、原、泉
二塁打小林雄


好投した斉藤投手の結果です。

早大球数打者
斉藤佑9326542
 
来週はだ7週です。来週も応援よろしくお願いします。
 
  こちらもお願いします。

      同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ
             トップページに戻る

.

東京六大学野球 2007年春季リーグ戦

慶大勝点3、早大・明大と並ぶ!

    東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。
東京六大学野球、2007年春季リーグ戦も第6週、2日目です。
今日も神宮は晴れ渡って野球を見るにはぴったりの天気です。
今日は、早大の斉藤投手が登板する可能性が大きいということで、観衆も多くなりそうです。
法大対慶大も22,000人の観衆が詰め掛けました。
第1試合は、法大対慶大の2回戦。両校とも優勝の可能性が残っており、力が入ります。
先発は、慶應が今まで2勝を上げている2年生の中林(慶應義塾)、法大は右腕のエース4年生の平野貴(桐蔭学園)の対決。
先制したのは法大、5回にランナー3塁でキャプテンの4年生大澤(作新学院)がレフト前にタイムリー、1点を上げる。
しかし、その5回裏、慶大は1死ランナー1、2塁で宮田がショートのグラブをはじくヒット、その間にランナーホームインで同点。
続く梶本がライト前に運んで逆転に成功。
続く佐藤翔も二遊間を破って加点。3対1としました。
9回に法大は田中のタイムリーで1点を上げて3対2と詰め寄りましたが、中林を継いだ相澤が何とかしのいで慶大が勝ち、勝点3としました。
これで今シーズンの早慶戦も楽しみが増えました。
試合の結果です。
5月20日(日)法大−慶大2回戦慶大2勝 勝点3
第1試合試合時間:2時間33分観衆22,000人

大学
法大
慶大

法大.慶大
敗戦投手:平野貴投手勝利投手:中林
渡辺捕手坂本、高橋玄
嶋田 三塁打 
和泉二塁打 
これで慶大は、6勝2敗勝点3。中林投手は3勝目を上げました。
 
なお、第2試合の早大対法大は、6回を終わって3対0で早大が勝っています。
先発の斉藤は6回を0点で抑え、福井に代わりました。
  こちらもお願いします。

     同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ
      トップページに戻る

続きを読む

東京六大学野球 2007年春季リーグ戦

慶大対法大、慶大先勝!

    東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。


東京六大学野球、第6週の第2試合は、慶大対法大の1回戦でした。
優勝候補にも挙げられた法大も、これまで苦しい展開になっています。
先発は、慶大がエースの加藤、法大は3年生の小松です。


試合は、2回に法大がランナー3塁で渡辺のライトオーバー2塁打で先制しましたが、3回表、慶大の佐藤翔の満塁ホームランで逆転。
続く4回表、慶大はランナー1、2塁で青池のライトオーバーの三塁打で2点追加。6対1と慶大が優位に立ちました。
一方法大も、5回に敵失で2点を返し、8回には吉野の初打席初モームランで2点差まで詰め寄りました。

最終回、慶應はランナー2塁で代打青山がセンター前ヒット、貴重な追加点になりました。
 

投げては、慶應の加藤が完投。これで加藤は3勝目、通算25勝を上げました。
結果、7対4で慶大が先勝しました。

 
試合の結果です。
5月19日(土)慶大−法大1回戦慶大 1勝
第1試合試合時間:2時間41分観衆10,000人

大学
慶大
法大

慶大--法大
勝利投手:加藤投手敗戦投手:小松
坂本捕手渡辺
佐藤翔満塁(3回)本塁打吉野ソロ(8回)
青池三塁打 
渡辺二塁打佐藤康
 


明日も楽しみですね。
応援よろしくお願いします。
 
  こちらもお願いします。

    同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ
                 トップページに戻る

.

東京六大学野球 2007年春季リーグ戦

首位決戦!早大が明大に先勝!

   東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。
東京六大学野球、2007年春季リーグ戦も第6週に入りました。
第1試合は、いよいよ今リーグの首位同士、早大と明大の決戦です。
実質的に優勝決定戦といってもいいでしょう。
試合は、明大が3試合で2勝を上げている4年生の水田裕(愛知啓成)、一方早大は右のエースナンバー「11」、3年生の須田幸太(土浦湖北)が先発。
試合経過は、3回裏早大 ランナー1、3塁から田中幸のレフトへの犠牲フライで1点。
        4回裏早大 ランナー2塁小島で投手の須田がライト前に。詰まった当りだったがヒット、
                ランナー小島の好走塁で1点を加点。
明大は、須田を9回表2死1,2塁まで責めたがファースト・ゴロでアウト。
早大の須田は、明大を6安打に抑えて完封。早大はこの大事な対戦で先勝した。
試合の結果です。
5月19日(土)明大-早大1回戦早大  1勝
第1試合試合時間:2時間20分観衆17,000人

大学
明大
早大

明大.早大
敗戦投手:水田投手勝利投手:須田
田島捕手細山田
この決戦で早大がまず1勝をあげました。
明日の2回戦は、急遽NHK教育TVで中継するということです。
斉藤佑投手の登板がありそうな2回戦は、かなりの観衆を集めることでしょう。
  こちらもお願いします。

      同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ
            トップページに戻る

.

東京六大学野球 2007年春季リーグ戦

藤田卓投手、投打に活躍!

  東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。
 
東京六大学野球、2007年春季リーグ戦第5週3日目、東大対法大です。
2日目、規定で2対29回で引き分けになった東大対法大戦が行われました。
 
試合は、序盤から法大が着実に点を上げて有利に試合を進め、7対3で法大が勝ち勝点2とした。

先発は、東大が4年生の重信拓哉(鶴丸)投手、法大は2年生の藤田卓(丸亀城西)投手。
法大の藤田は、7回の3分の2を投げて2自責点の好投で、少し疲れたか、以後は平野の救援を仰いだ。
そして、打つ方でも活躍。4回にソロ、二塁打も放ち、勝利投手になった。
楽しみな2年生投手です。
試合の結果です。
5月14日(月)東大ー法大3回戦法大2勝1分け 勝点2
第2試合試合時間:2時間45分観衆1,500人  

スコア
大学
東大
法大

東大. 法大
敗戦投手:重信投手勝利投手:藤田卓
小林捕手上條
 本塁打藤田卓ソロ(4回)
 二塁打藤田卓、伊藤暢
  こちらもお願いします。

        同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ
                  トップページに戻る

.

東京六大学野球 2007年春季リーグ戦

明大強し!勝点3!

  東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。


東京六大学野球、春季リーグ戦第5週の2試合目は、立大 対 明大でした。
試合は、2回に立大が先制しましたが、5回に集中打を浴びて逆転され、3対1で明大が勝ちました。
明大は6連勝で勝点3、一方の立大は8連敗と勝てません。


立大は、元気がありませんね。惜しい試合もあったんですが、常に先行されて敗れているようです。
残りは東大戦しかありません。
秋季にはがんばってほしいですね。


明大は、来週いよいよ早大と対戦します。今リーグの優勝を左右する大切な試合です。
この試合で勝点を上げた方が今季リーグ戦を制するでしょう。


試合の結果です。

5月13日(日)立大ー明大2回戦明大2勝 勝点3
第2試合試合時間:1時間59分観衆5,000人

大学
立大
明大

立大.明大
敗戦投手:桑鶴投手勝利投手:古川
捕手田島
中山二塁打千田
 
来週は、早大 対 明大戦、 また大観衆が押しかけることでしょう。


  こちらもお願いします。

      同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ
                トップページに戻る

.

東京六大学野球 2007年春季リーグ戦

東大、惜しい!法大戦引き分け!

   東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。
東京六大学野球、2007年春季リーグ戦の第5週2日目の第1試合は、法大対東大の2回戦です。
前試合まで、ここのところ3試合続いて点の入っていない東大は1回裏に先制したものの、法大に2回に1点を返され、4回には逆転されてしまいました。試合はこのままずるずると法大ペースで進むかと思われましたが、7回に東大が奮起して1点を返し同点で試合終了。再試合となった。
法大の先発は4年生のエース平野貴志(桐蔭学園)、一方東大も4年生の三宅猛(城北)が先発。
東大は法大の3人の投手から9安打を放ち、東大の三宅は法大を被安打5本の好投だったが、打線の援護が同点が精いっぱいということで引き分けになった。
試合の結果です。
5月13日(日)法大ー東大1回戦引き分け
第2試合試合時間:2時間5分観衆4,000人  

スコア
大学
法大
東大

法大. 東大
平野貴、二神、小松投手三宅
石川捕手小林
石川、和泉二塁打岩間、森本哲


法大 対 東大は、明日再試合です。

  こちらもお願いします。

       同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ
                   トップページに戻る

 .

東京六大学野球 2007年春季リーグ戦

東大、どうした!

   東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。
東京六大学野球、2007年春季リーグ戦の第5週第2試合は、東大 対 法大でした。
試合は、東大が2年生の鈴木(西尾)が先発、法大は本格派の3年生小松(室戸)が先発。
法大は、1回から3点を先制して4、5回と2点ずつ加点し、8対0で先勝した。
小松投手は、東大打線を3安打に抑えて完封勝利。
東京大学は、このところ点が入らず、完封負けが続いています。
何とかしたいですね。
奮起してがんばってもらいたいところです。
試合の結果です。
5月12日(土 )東大ー法大1回戦法大 1勝 
第2試合試合時間:1時間53分観衆5,000人  

スコア
大学
東大
法大
東大. 法大
敗戦投手:鈴木投手勝利投手:小松
山田捕手石川
 本塁打大澤ソロ(8回)
 三塁打石川
岩間二塁打 
 
  こちらもお願いします。

      同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ
              トップページに戻る

 .

東京六大学野球 2007年春季リーグ戦

東京六大学野球、第4週、早大ー立大戦!

   東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。
早稲田の斉藤君は、チームと同様に快調です!
東京六大学野球、2007年春季リーグ戦、第4週の2回戦、早大対立大戦の結果です。
先制は早大、3回に上本の3ランで3点、しかし立大も5回に田島の3ランで同点、振り出しに戻しました。
決勝点になったのは、早大の6回細山田のスクイズで取った1点。これを松下、8回からの斉藤佑が0点に抑え逃げ切りました。
立大の惜しかったのは、斉藤に替わった8回ランナー2塁で岡部の当たりはセンター前ヒット、2塁ランナーを3塁のコーチが自重して3塁で止めたのが惜しかった。そのまま走らせればクロス・プレーで同点になったかもしれない。
斉藤は、リリーフの立ち上がり暴投するなどちょっと不調気味だったが、ランナー1、3塁でダブル・プレーで討ち取ったのは見事だった。
9回は、危なげなく3者凡退に退けた。
早大はこれで6連勝、勝点3とした。

試合の結果です。

5月7日(月)早大ー立大2回戦 早大2勝 勝点3
第2試合試合時間:2時間16分観衆8,000人

大学
立大
早大

立大 . 早大
敗戦投手:桑鶴 投手勝利投手:松下
捕手細山田
田島3ラン(5回) 本塁打上本3ラン(3回)
 二塁打田中幸2

斉藤佑投手は、これで4試合に出場、15回と3分の1を投げて2勝、自責点1、奪三振17、防御率0.59で、投手成績第4位になっています。
すごいですね。がんばっています。
  こちらもお願いします。

  同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ
         トップページに戻る

.

東京六大学野球 2007年春季リーグ戦

東京六大学野球、第4週

東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。
東京六大学野球、元気ですよ!
東京六大学野球、2007年春季リーグ戦、第4週は2日目が雨で流れ、5月7日(月)東大対慶大、早大対立大の2試合が行われました。
東大ー慶大は、慶大の中林投手の完封で悠々東大を下し、慶大が勝点2を上げました。
試合結果です。
5月6日(月)東大ー慶大2回戦慶大2勝 勝点2 
第1試合試合時間:2時間20分観衆4,000人  
スコア
大学
東大
慶大11
東大. 慶大
敗戦投手:三宅投手勝利投手:中林
山田捕手坂本
 本塁打青山2ラン(8回)
 二塁打中林、青池、宮田
漆畑、青山
好投した慶大の中林投手の成績です。
慶大球数打者
中林1433515
慶大の中林投手は、3試合21回を投げて防御率は、0.43。
まだ2年生(慶應高出身)で、加藤投手の後を次いで左腕のエースになることは間違いありません。
この後の登板も楽しみです。
  こちらもお願いします。

      同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ
               トップページに戻る

 .

東京六大学野球 2007年春季リーグ戦

東京六大学野球第4週、慶大ー東大!

   東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。
東京六大学野球、2007年春季リーグ戦第4週の第2試合は、慶大対東大戦です。
慶大は、3投手リレーで東大を0点に押さえて完勝しました。
慶大の加藤は7回を12奪三振という好投で今期2勝目、通算24勝目をあげました。
第1試合の早立戦の影響で2万の観衆も、10,000人と減りましたが、これでも昨年に比べれば良しとすべきでしょうね。
このまま、観衆が増えてくれることを祈ります。
結果です。
5月5日(土 )慶大-東大 1回戦慶大 1勝 
第2試合試合時間:1時間55分観衆10,000人  

大学
慶大
東大

慶大.東大
勝利投手:加藤投手敗戦投手:鈴木
坂本捕手山田
松尾卓ソロ(1回)本塁打 
竹内浩三塁打 
坂本、加藤二塁打 


  こちらもお願いします。

         同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ
                トップページに戻る

 .

東京六大学野球 2007年春季リーグ戦

東京六大学野球、第4週早大ー立大!

  東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。
東京六大学野球、春季リーグ戦第4週は、GWの5月5日に、早大ー立大、慶大ー東大の2試合が行われました。
第1試合は、早大ー立大戦です。
早大の斉藤が投げる可能性もあって、観衆は20,000人。
早大が着実に点を取り有利に試合を運びましたが、立大も粘りをみせて9回裏7対5、2死満塁と攻めて1打同点という場面になりました。
ここで早稲田は、今期初のリリーフに斉藤投手を送りました。しかも2ボールの後です。
斉藤は、この後一人を三振でぴしゃりと押さえ、見事に早大の勝利に貢献しました。
いや、凄いの一言ですね。
試合結果です。

5月5日(土)立大-早大1回戦 早大1勝 
第1試合試合時間:3時間13分観衆20,000人

大学
早大
立大

早大 .立大
勝利投手:須田投手敗戦投手:戸村
細山田捕手
本田ソロ(6回) 本塁打 
松本三塁打田島
細山田、原、宇高二塁打田島、岡部
 
これで斉藤投手は、ますます重要なところで使われそうですね。
神宮に詰め掛けたファンも、1人だけとは言え、斉藤のいい場面での活躍に満足したことでしょう。
 
  こちらもお願いします。

           同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ
                          トップページに戻る

  .

東京六大学野球 2007年春季リーグ戦

東京六大学野球、慶大、明大に敗北!

 東京六大学野球東京六大学野球応援席の野球侍です。
東京六大学野球は、雨で流れた慶大対明大戦のみ行われました。
慶応が4点を先行して有利に立っていましたが、6回に逆転されてしまいました。
7回に一度は同点にしましたが、延長10回、頼みの加藤が2試合連続でホームランを浴び、7対5で慶大が敗れました。
明治は、これで勝点2、早大と並びました。
これからの明大、早大は注目して見ましょう。
試合の結果です。
4月30日(月)慶大-明大2回戦明大2勝 勝点2
第1試合試合時間:2時間50分観衆4,000人  
大学
明大
慶大
明大. 慶大
>勝利投手:久米投手敗戦投手:加藤
房林2ラン(10回)本塁打 
 三塁打青山
水田、藤田、田島 二塁打 
  こちらもお願いします。

     同じジャンルをお探しなら人気blogランキングへ
            トップページに戻る

.
 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。